にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

省エネ生活とガーデニング日記

2010年9月家完成 太陽光発電設置予定。ガーデニングと家庭菜園を楽しんでいます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村

この野菜を育てるメリットは?

前回続きです。

今年の菜園計画では、昨年まで一度も育てた事がないイモ類をやってみたいと思っていました。


イモ類と言えば、サトイモ、ジャガイモ、長芋、サツマイモといろいろある訳ですが、全部ひっくるめてイモ科だと思っていましたが違います。全て別の科なんですよ。

とりあえずこの中から選択なのダ!



私が一番好きなサトイモ(サトイモ科)は、かろうじて妻が食べるくらい。子供達が食べないのでパス。


我が家の消費率からすれば、一番手に上がるのは、ジャガイモ(ナス科)ですが、狭い菜園スペースに去年は、ミニトマトを3本、子供ピーマンを1本(すべてナス科)育てました。

今年も最初の構想では、ミニトマト、ナス、ピーマンを育てたいと思っていた事から、同じナス科が増えてしまうと植えるスペースがなくなり近いうちに連作障害が起きてしまうのではと、迷っているうちにジャガイモの季節が過ぎてしまい計画倒れ。


長芋(ヤマノイモ科)は、自然薯とかやってみたいのですが、食べられるまでの栽培期間が長い事や、条件の良い場所を確保するのが難しい事などからパス。


最後に残ったサツマイモ(ヒルガオ科)

家族そろって焼き芋は好きです。でも我が家では、ご飯のお供として食卓に上がる事(ここが大事)がイモ類の中で最も少ないのが現実で、妻としてもあまり乗り気ではありませんでした。

「それにね、苗が高いんですよ!」 20本とか40本とかのまとめ売りしかなくて500~600円くらいする!

それが今回、1ポット100円で販売
IMG_3105.jpg
しかもこれ3つくらいに分けられそう。

「買った!」

「いや、でも我が家では需要があまりないよ」



とか考える前に買い物かごに入っていた。

「秋に芋掘りをしよう」と、誰の賛成を得る訳でもなく♪
悩む必要なかったね!


てな感じで、決まりましたよ!サツマイモの(紅あずま)

本当は一番人気の安納イモが良かったのですが、さすがに100円では売っていなかった。それでもこの紅あずまもホクホク甘いと評判の人気品種。楽しみです!



てな訳で、先日の育て方を調べずに購入して失敗なんて事がないように!

「勉強したかい?」 「もちろんですとも!」

まぁ、こんな感じですよサツマイモって

水も最初植える時にやるだけ。 あとは放任で良い!

連作OKである!

葉が数枚付いているが根が付いていない蔓を畑にさしておくだけで育つ!

IMG_3110.jpg
「はい、根が付いています!?」

「はて、根の付いてない苗を畑に植えるんじゃなかったっけ? これ蔓取り用の苗?」

ムムム~?? とりあえず3つに分けてみた! 
また適当にやってるよ。 

肥料分をほとんど入れずに畝を高く作る。

「サツマイモは肥料が多いと蔓ボケを起こすし、水はけが悪いのは苦手なのダ!」

植えた。
IMG_3113.jpg
だれか「葉を南に向くように植える」とか言っていたような?

「うん、そうだそうだ。サツマイモは日当たりが大切だから葉を南に向けるはず?なのダ!」

じゃあ、南向きに植え替えてみよう。
IMG_3137.jpg

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・


その後、葉っぱが一つしかついていないのが枯れました。

でも 「サツマイモは強い!」 と言う言葉を信じて放任です!


とにかく、狭い菜園で連作出来るのはモチロン、後作でどんな野菜を植えてもOKな事。
手がかからない事がメリットでしょうか!
 




スポンサーサイト
にほんブログ村

サツマイモの苗を増やしてみた


5月に植えたサツマイモの苗。

その後、1週間ほどで活着したのを確認です。 元々根がしっかり張っていたので楽チンなのダ!
IMG_3168.jpg

暖かくなるにつれ少しずつ成長
IMG_3738.jpg

葉色が悪いのはたぶん台風時の塩害によるものだと思われますが心配ご無用!
IMG_3739.jpg

7月に入り、気温上昇と共に更に成長を続けます。
IMG_3934.jpg
順調、順調!

と思ったある日

ほかの人たちのブログで、根の生えている苗を植えるよりも生えていない苗を植えた方が実の成りが良くなるという記事が目に留まる。

うちはしっかり根の生えた苗を植えてしまっている。

色々調べてみるとサツマイモは他の野菜と勝手が違うって事のようで、、、

成長中の苗の一部を切って早速植えてみました。

シナシナの苗。 普通の野菜ならここでgive upでしょう!
IMG_3935.jpg

ところが3~4日後にはこ~んな感じ!
IMG_3964.jpg

初めてのサツマイモ栽培。

根の生えた苗3本と根の生えていない苗1本、どれくらい実の成りが違うか?

答えがでる秋を楽しみに待ちます。




にほんブログ村

ヒルガオ科の害虫


梅雨明け後、どんどん成長するサツマイモ(初栽培の紅あずま)

IMG_4085.jpg

猛暑&大雨で加速的に成長したので蔓返しをしました。



ほらほら、いたるところから根が張り出していて、このままにしておくと栄養がイモに行かなくなってしまうんですよね。
IMG_4125.jpg

それでもヒルガオ科の栽培はとにかく楽。 サツマイモなんか水やりや肥料もほとんど必要ない! 空芯菜は水やりと追肥は必要だけどサツマイモ同様、暑さに強くどんどん成長するし、収量も多い。
どちらも連作障害の心配がないのと害虫が付かない・・・・・・なんて思っていたら

いましたよ、害虫が。

これこれ、葉がつづり合わせになっているのですぐ見つける事ができます。
IMG_4161.jpg

めくってみるとホレこの通り。
IMG_4164.jpg
イモキバガ
サツマイモや空芯菜などのヒルガオ科の葉を食害する。
どうでも良い事だがこのイモキバガ、動きが結構俊敏でビックリです。普通のイモムシだと思うなかれ。


にほんブログ村

副産物を食べるのは面倒だった!

今更ながらサツマイモのつるや葉ってすごい繁殖力だと感心してしまいました。
IMG_4125.jpg
菜園にはたった3株しか植えていないサツマイモでしたが、9月になってもその勢力が衰えず幾度となく蔓返しをしましたが追いつかなかったので、切り取って食べる事にした。

食べるのは緑色の部分。
IMG_4717.jpg

この時期のつるは幾分かたくなって筋張ってくるので丁寧に筋を取ります。フキの筋を取るのと似ていますね。
IMG_4719.jpg
この作業が結構 面倒で面倒で、おまけに灰汁が爪の中に入って真っ黒になっちゃいますので注意!

筋を取ったら3~4㎝に切って、熱湯に漬けて灰汁抜きをします。
IMG_4720.jpg

写真はありませんが、このあとゴマ油でいため醤油、砂糖で味付けをすればサツマイモのきんぴらの出来上がり。

戦時中は食べるものがなくてこの芋づるをよく食べたそうですが、イモの部分よりも栄養があって味の方もなかなかおいしかったです。

筋を取るのが面倒ですが一度試す価値はあると思いますヨ。





にほんブログ村

イモ掘り大会


「イモ掘りっていつやるんだろう」

基本的にイモを植え付けてから120日後、植えたのが6月ならその約4カ月後の10月。つまり今って事!

そう言う事で雨降り前の10月13日に子供たちと芋掘り大会を行いました。



この頃は庭に出るとどこからともなく藪蚊の攻撃にあってひどい目にあっていましたが、その藪蚊が普段いるところがわかりました。

ここです。 藪蚊との格闘は避けられません。。。ので、みんなで虫除けスプレーをして。レッツラゴー
IMG_3729.jpg

まず伸び放題だった蔓をハサミでジョキジョキ切っていきます。
「うぉ~~~っ 藪蚊がいっぱいダ~」
IMG_4758.jpg
切り取ったツルの一部はこの後きんぴらにして・・・・・・


植えた3株のうちあとから植えた1株は 「あらら~~」根に毛が生えたくらいの大きさでした。

今回、下の子は初めての芋掘りです。
IMG_4736.jpg

ホレホレ「取れたよ~」
IMG_4737.jpg

上の子は幼稚園の時に経験しているので・・・でも結構大きかったのと土が硬くて苦戦してました。
IMG_4742.jpg

一人で1個ずつしか掘っていないので『イモ掘り大会』って言うほどでもなかったか。
IMG_4754.jpg

大きいイモも取れましたが数は思ったより少なかったですネ!
IMG_4760.jpg

「前作は何だったっけ? 肥料分が多かったのかなぁ」

サツマイモは豆類の根粒菌と同じように茎の中に窒素固定細菌を持っていて肥料をあげすぎると葉だけが育って実が付きにくくなります。

ですから『肥料分もほとんどいらない、水もほとんどやらなくていい』無精者の育てる野菜 救荒作物たる由縁がここにある訳ですネ!


にほんブログ村

Top

HOME

Author:おーちぃパパ
1Fはパイン無垢床 2Fは杉無垢床  ちょっと細工ありの気密断熱にこだわった家 2010年9月17日 完成
この春からガーデニング(私は家庭菜園)を始めました

見学会 (7)
土地 (48)
家 (41)
内装・外装の検討 (19)
工務店 (31)
打ち合わせ (4)
地鎮祭 (1)
着工後 (44)
基礎工事 (10)
建前 (1)
外壁工事 (2)
外構工事 (3)
内部工事 (15)
フローリング (13)
住宅ローン (13)
上下水道 (2)
住設機器 (27)
キッチン (15)
お風呂 (6)
トイレ (2)
洗面化粧台 (2)
照明 (2)
株主優待 (45)
家族 (78)
グルメ (16)
日記 (103)
写真 (33)
節約 (16)
オール電化 (2)
電気代 (2)
旅行 (15)
家電 (3)
インテリア (23)
北欧もの (3)
未分類 (24)
SC (2)
引越し (5)
住み心地 (12)
FURNITURE (7)
WEB内覧会 (15)
買い物 (3)
DIY (1)
無垢 (3)
ガーデニング (40)
原種系シクラメン (9)
原種チューリップ (5)
原種クリスマスローズ (3)
ヒューケラ (1)
ムスカリ (1)
家庭菜園 (171)
ミニトマト (6)
きゅうり (4)
レタス (10)
ピーマン (6)
ゴーヤ (11)
オクラ (9)
小松菜・チンゲン菜 (6)
白菜 (5)
ボイセンベリー (4)
ミョウガ (3)
ニンニク・にら・ネギ・わけぎ・島らっきょう (18)
ブロッコリー (11)
空芯菜 (8)
雲南百薬 (2)
イチゴ (2)
ハーブ (14)
マメ科 (7)
芋類 (5)
アカザ科 (2)
モロヘイヤ (3)
アスパラガス (4)
山葵(ワサビ) (6)
シソ (1)
セリ科 (3)
オカノリ (5)
自家採種 (2)
緑肥 (2)
昆虫 (5)
太陽光発電 (7)

現在の閲覧者数:


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。