にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

省エネ生活とガーデニング日記

2010年9月家完成 太陽光発電設置予定。ガーデニングと家庭菜園を楽しんでいます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村

また買ってしまった! 野菜とハーブ苗

3月のある日。トウ立ちし、花芽が出来始めていたサンチュは、突然吹いた春の嵐の前に撃沈!

採種まであとわずかのところだったのに・・・・・・

「まぁ、茎から折れてしまってはどうしようもない」と諦めた。

そして葉物野菜の収穫量が激減の4月、5月。

思い切って新しい苗を購入した。。。。。。78円で
IMG_2855.jpg
「サンチュはリーフレタス以上に虫が付かない」と初代の時に認識していた。

・・・・・

葉に穴が開く。 アレッ?

葉の裏をミタ! 何も付いていない。

葉の穴被害が大きくなる。 アレレッ?

「おかしいなぁ?虫があまり付かないはずじゃなかったっけ。レタス系の割に成長も遅いし」

小雨振るある日。

葉の裏を見る。

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

虫じゃなかった。。。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ナメクジ6匹!

退治した。画像はありません

一度収穫した後に撮った写真。 比較しにくい!せめて同じ角度で撮れば良かった
IMG_3515.jpg
サンチュ独特のシワシワが出てきて二回りくらい大きくなった。 気がする

とりあえず、夏野菜が採れるようになるまで、つなぎ役お願いしますよ。




こちらもつなぎ役になれるか? 今まで食べた事ないけど、ずっと気になっていたハーブ 
IMG_3103.jpg
イタリアンパセリ

セリ科

夏が涼しい地中海で育ったハーブだけに日本の夏をいかにして乗り越えるか? 

夏の日差しが苦手である。 だから安かったんだね・・・・・・

南西側に植えた。
IMG_3162.jpg
ここは隣との境界用ブロック塀が残っている場所。その陰になり夏の日差しを受ける時間は1~2時間くらいだろか?



こちらは日差したっぷりが好きな夏野菜 ピーマンの京みどり
IMG_2853.jpg
去年育てた こどもピーマンは苦くないものの、実が小さくてなんか損した気分。

普通のピーマンでも輪切りにすれば苦くないし、苗の値段も半値だったのでこちらを選んだのでした。








他にも買った野菜があるのですが・・・・・・

紹介はまた今度!











スポンサーサイト
にほんブログ村

とっても恥ずかしい、トマトのようなものの話

3月初旬「ワ~イ、ミニトマトの双葉がいっぱい!」我が菜園に春が来たのダ~!

去年育てたミニトマト。地面に落ちた実をそのままにしておいたら、中の種が発芽した。

さすが普通のトマトと違って強健だなぁ!
IMG_2328.jpg
その後、本葉も出てきた。

トマト特有の葉の形。

更にでてきた本葉は少し太っちょ。「あぁ、F1だったのかなぁ?」形が去年のものとちょっと違う。

固定種ならよかったのにネ、、、、、、、、

「まあ、でもいいや。そのまま育てよう!」



少し大きくなったのでお義母さんにあげた。



・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



捨てられた!

なんで?

妻経由で「雑草だよ」

確かにあとから出てきた本葉の形が怪しいと思っていた。けど、赤ちゃんの時はそっくりだったよ!
と、勝手に思っていた。

じゃあ、何者?  水や肥料も上げてたのは何だったんだろう?



「じゃあ、花芽ができるまで育ててみよう!」
IMG_3520.jpg

偽物確定!

「あああ~恥ずかしい」お隣さんにもこれミニトマトって言っちゃったし、ず~~~っと気付かなかったなんて。

トマト栽培出遅れた!

そこで先回記事のサンチュ、イタリアンパセリ以外に買った苗は ミニトマトのティンカーベル
IMG_3102.jpg
お義母さん曰く 「見た目はもちろん違うと思ったけど、茎や葉に触ってもトマト独特の青臭い匂いが、しないのよ」

ティンカーベルの匂いを嗅いでみた。

青臭かった!

覚えておこう。


「あっ、も一つ買った苗がありますけど・・・・・・」

長くなったのでまたまた次回紹介します。











にほんブログ村

この野菜を育てるメリットは?

前回続きです。

今年の菜園計画では、昨年まで一度も育てた事がないイモ類をやってみたいと思っていました。


イモ類と言えば、サトイモ、ジャガイモ、長芋、サツマイモといろいろある訳ですが、全部ひっくるめてイモ科だと思っていましたが違います。全て別の科なんですよ。

とりあえずこの中から選択なのダ!



私が一番好きなサトイモ(サトイモ科)は、かろうじて妻が食べるくらい。子供達が食べないのでパス。


我が家の消費率からすれば、一番手に上がるのは、ジャガイモ(ナス科)ですが、狭い菜園スペースに去年は、ミニトマトを3本、子供ピーマンを1本(すべてナス科)育てました。

今年も最初の構想では、ミニトマト、ナス、ピーマンを育てたいと思っていた事から、同じナス科が増えてしまうと植えるスペースがなくなり近いうちに連作障害が起きてしまうのではと、迷っているうちにジャガイモの季節が過ぎてしまい計画倒れ。


長芋(ヤマノイモ科)は、自然薯とかやってみたいのですが、食べられるまでの栽培期間が長い事や、条件の良い場所を確保するのが難しい事などからパス。


最後に残ったサツマイモ(ヒルガオ科)

家族そろって焼き芋は好きです。でも我が家では、ご飯のお供として食卓に上がる事(ここが大事)がイモ類の中で最も少ないのが現実で、妻としてもあまり乗り気ではありませんでした。

「それにね、苗が高いんですよ!」 20本とか40本とかのまとめ売りしかなくて500~600円くらいする!

それが今回、1ポット100円で販売
IMG_3105.jpg
しかもこれ3つくらいに分けられそう。

「買った!」

「いや、でも我が家では需要があまりないよ」



とか考える前に買い物かごに入っていた。

「秋に芋掘りをしよう」と、誰の賛成を得る訳でもなく♪
悩む必要なかったね!


てな感じで、決まりましたよ!サツマイモの(紅あずま)

本当は一番人気の安納イモが良かったのですが、さすがに100円では売っていなかった。それでもこの紅あずまもホクホク甘いと評判の人気品種。楽しみです!



てな訳で、先日の育て方を調べずに購入して失敗なんて事がないように!

「勉強したかい?」 「もちろんですとも!」

まぁ、こんな感じですよサツマイモって

水も最初植える時にやるだけ。 あとは放任で良い!

連作OKである!

葉が数枚付いているが根が付いていない蔓を畑にさしておくだけで育つ!

IMG_3110.jpg
「はい、根が付いています!?」

「はて、根の付いてない苗を畑に植えるんじゃなかったっけ? これ蔓取り用の苗?」

ムムム~?? とりあえず3つに分けてみた! 
また適当にやってるよ。 

肥料分をほとんど入れずに畝を高く作る。

「サツマイモは肥料が多いと蔓ボケを起こすし、水はけが悪いのは苦手なのダ!」

植えた。
IMG_3113.jpg
だれか「葉を南に向くように植える」とか言っていたような?

「うん、そうだそうだ。サツマイモは日当たりが大切だから葉を南に向けるはず?なのダ!」

じゃあ、南向きに植え替えてみよう。
IMG_3137.jpg

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・


その後、葉っぱが一つしかついていないのが枯れました。

でも 「サツマイモは強い!」 と言う言葉を信じて放任です!


とにかく、狭い菜園で連作出来るのはモチロン、後作でどんな野菜を植えてもOKな事。
手がかからない事がメリットでしょうか!
 




にほんブログ村

ソラマメ 試し取り&限界

昨年11月から育てていたソラマメ。

5月中旬には収穫サインの目安の一つ、空を向いていた莢が頭を垂らしてきました。

しかしここで収穫してみると、若取りで全くと言っていいほど味がなく美味しくなかったなんて事もあるそうです。

せっかく半年も育てたんだし、家庭菜園のソラマメは味が格別と言われているから、旬を逃したくない!

慎重に慎重に!

もう一つの収穫サインは、莢の上の部分が少し黒ずみ、つやが出てくる。

垂れてきたがまだ黒ずみのない莢  もう少し待ってみるか
IMG_2931.jpg
それから約半月経った5月28日

若干黒ずむ莢はあれど、全体的にはまだまだ。でも一部の葉が黄色く枯れてきていたので試し取りすることにしました。

できるだけ大きなもの7つを収穫
IMG_3542.jpg
焼いて皮を剥きました。

その時お歯黒の色が黒くなっていればバッチリなのですが...............



お~半分は、取り時だったようです。
IMG_3545.jpg

お味の方は。
スーパーで買ってきたものと比べ、正直驚くほど違いはありませんでしたが、甘くておいしかったです。

さあ、残りはいつ取ろう? なんて言っている猶予はなかったノダ!

試し取りをした4日後の事

急に莢の色が黒くなってきた。

完熟莢はバナナのハニースポットのような感じ。

しかしこの莢は様子が違う。

バナナが傷んできた時に皮が黒くなるような感じ。

その2日後に撮った写真
IMG_3581.jpg
IMG_3582.jpg

急いで収穫しなくては

結局あれから3日後に、すべての莢を取った。32個の収穫
IMG_3584.jpg
実が一つしかないものあったけど、食えなくなるよりはまし!

色が悪いもの、小さくてこれがソラマメ?なんてものもありました。
IMG_3587.jpg
とりあえず食べられただけ良かった。黄色いものの半分はまずかったなぁ~。

合計39個 の収穫

最後は焦ったけど、とりあえずソラマメの初栽培としては合格かなぁ?





にほんブログ村

原種系チューリップ、花期後の管理

チューリップって球根植物なんだけど、毎年花を咲かせるにはやらなくちゃならない事があるんだそうな。

そうそう、まだ満開のうちに花を切り取らないと駄目なんだって!

植物は花を咲かせるため、また咲いている花に対して多くのエネルギーを使う。

よってそのまま花を咲かせ続けると、球根に栄養が回らず太らない。

球根が太らないと来年用の花はもちろん芽を出す力もなくなってしまうそうな。

4月19日 アルバコエルレアオキュラータ の満開の花を切り取る
IMG_2629.jpg

これに追肥をおこない球根に栄養がしっかり行き届くようにするのです。
IMG_2630.jpg



ゴールデンウイーク明けにもう一種類のチューリップ ブライトゼム もチョッキンしました。

現在の様子、何とも殺風景な玄関横スペース。
IMG_3548.jpg
原種系チューリップは植えたままでOKと言われているので葉が枯れてもこのままで。

うまくいけば分球も期待できるかな? いや来年花が咲くかな?と言っておいた方が良いのかも?

淡い期待くらいはしてみよう。







にほんブログ村

害虫退治は生物農薬で

今春、暖かくなるにつれ大量に発生するアブラムシ。

そんな害虫を少しでも減らそうと、農薬を使うのは我が菜園ではご法度!

そこで連れてきた(捕獲)のがナナホシテントウだった訳ですが、アブラムシの数が激減すると「仕事は終わった」と言わんばかりにどこかへ行ってしまいました。



彼らがいなくなってまた増えてくるアブラムシ。今年は何気にコナガの幼虫もいっぱいだ!

またいつものところでテントウムシを捕まえてと...............

「いなかった、一匹も!」





数日後、我が菜園一でかいフェンネルに2匹のテントウムシ発見!
IMG_3479.jpg
こちらは今年初めて見た ナミテントウ  とにかく今年も昆虫の数が少ない。害虫はいっぱいいるのにね!

ナミテントウの羽化した幼虫も発見! ちょっとグロいですけど
IMG_3203.jpg

そしてよくよく見てみるとカマキリの赤ちゃんもいましたよ。
IMG_2917.jpg
彼らは野菜の害虫を捕食する益虫!  

やはり、需要があれば供給がある。害虫が増えれば益虫も自然に増えるのですネ!

 生物農薬  とも呼ばれている小さな小さな彼らに大きな期待。



にほんブログ村

ピーマンの一番花と脇芽かき

我が家で育てているピーマンの京みどりです。

5月29日 ようやく最初の花芽が見えてきましたよ。
IMG_3521.jpg

6月5日 根性曲がってます。 とりあえず間もなく開花!
IMG_3612.jpg



一番花が咲いたらそこよりも下にある脇芽かきを行う。 ←ここが大事
赤丸で囲んだところです。

IMG_3145.jpg

とか言ってたら「あっ、咲く前に摘んでしまった!」
フライング気味だけど多分問題ないでしょう。


一番花のすぐ下から生える脇芽は強く伸びるらしいのでこれは摘んではいけないらしい。

今後の収穫にも影響しそうなので気を付けよう..............

6月6日 この記事を書いた後、一番花が咲いた。
IMG_3644.jpg




にほんブログ村

菜園の中にあるシンボルツリー?と こぼれダネから発芽したハーブ

我が家の菜園の中でシンボルツリー?と思わせるほど存在感のあるのがフェンネルなのです。

既に180cmくらいはありそうです。
IMG_3165.jpg
2年草であるフェンネルは、昨年の春にハーブとして使いたいと妻が買ってきたものである。

しかしよくよく調べてみたら、我が家にあるものは、フローレンスフェンネルと言って主に土の中にある肥大した茎を食する野菜なのであった一応ハーブとして葉や種を食べる事もできます

そんなこんなで、1年目は食べなかったフェンネルも今年の夏には切り取って食べてしまわないとタイムリミットが来てしまいます。

そろそろ切り取ろうかと言った6月初旬、妻はもう少し待って欲しいと言った。

ここは虫たちの楽園

羽化したカマキリや何度も卵を産み付けているテントウムシとその幼虫たち、気持ち悪いけどガガンボも休憩している。花が咲けば蝶やハチ、アブがいっぱい集まってくる。

それにご存知の方もいると思いますがフェンネルはセリ科の植物で、セリ科の葉が大好物のキアゲハの幼虫が昨年に続いて住んでいるのです。

今現在4齢幼虫または終齢幼虫くらいのものがウジャウジャいるのですが、ハーブとしてほとんど使っていない事もあり害虫扱いどころか家族そろって歓迎昆虫なのダヨ(笑)

「それじゃあ、今いるキアゲハの幼虫が旅立つまで、切り取るのは待つとしようか!」
おいおい、カマキリやテントウムシは良いのかい?

こぼれダネから発芽したフェンネルたちが後を継いでくれるはずだよ。

この記事が読まれる頃には、きっと花も咲いていて今以上ににぎやかになっているだろう。

花が咲く前だけど遊びに来てくれたツバメシジミ
IMG_3636.jpg

「フェンネルを食べるのはもう少し我慢してだ!」


こちらも野菜なのかハーブなのかよくわからないような、

一応ハーブのルッコラ
IMG_3620.jpg
青く丸で囲んだ部分の莢が熟したので種をまきました。

早い!なんと2日後には双葉が出てきたよ!
IMG_3654.jpg

※いろいろ考えましたが、陰で育っている野菜の生育のためにフェンネルは切り取りました。
にほんブログ村

青い花は少ないのです

先月開花し、喜んでいたのもつかの間
咲き方がなぜか?キチャナイ! アルメリア
IMG_3499.jpg
シェードガーデンには、ピンク系の花はこのアルメリアだけ。そしてオレンジはもちろん赤系の花は他にない!
これは妻の色の好みが出ているのだと思う。彼女の好きな花色は、だと思う。多分

そんな青い花ですが、ブルーとか青何とかが名前についていても、厳密にいうと青くないものが多い。

例えばブルーデイジー  紫なのダ!

ネモフィラの色も微妙に違う。結構妻の判定は厳しい。

とにかく青い花は珍しいのだよ!

私「じゃあ、青いアサガオは?」

妻「いや、アサガオはシェードガーデンにはちょっと・・・・・・・・・・」


じゃあ、これならOKかな?


IMG_3504.jpg
ちょっと、色が薄いけどギリOKです。

ミヤマホタルカズラ
青なのに ムラサキ科 

白に青の覆輪咲きの種類は‘ザ・スターと言う名前で売られています。
日本の夏が苦手(暑さや過湿に弱い)なので一年草扱いです。

花柄摘みをする事で、数は少ないのですが今も花を咲かせてくれている孝行もの。




夏が苦手と言えば、昨年たくさんいただいた苗の中から、夏をなんとか乗り越えた3株が1年越しで見事開花した

ジャーマンカモミール
IMG_2929.jpg
リンゴのような香りがすると聞いていたのですが噂に違わぬ良い香り!

歓迎できないけどアブラムシもいっぱい寄ってきて、ほかの花や野菜の身代わりになったり、丈夫にしたりとっても献身的。


アブラムシがいっぱいだったのでカモミールハーブティーはお預けなのダ!



















にほんブログ村

スーパーで売られていない野菜を育てる   Part 2


今回のスーパーで売られていない野菜は、  ネギニラ

ニラレバとか、料理名じゃありませんよ!



ネギとニラの交配種

バイオが生んだ新野菜なのであります。

「ネギニラ」は、新里ネギと、きぬみどり(ニラ)の胚培養により誕生しました。品種名は「なかみどり」と言って、私も名前だけは以前から知っていました。

そんなこんなで、頭の片すみ程度に覚えていた「なかみどり」  

今年4月に1ポット300円ほどで地元HCで売られているのを発見しましたが流通量が少ないせいか結構割高。
1ポットで小さい苗3~5本しかなく、チト寂しい!


もしかして売れ残って処分価格になっているのではと思い、5月下旬にもう一度、HCにお邪魔してみる事に。

「狙い通り、ありましたよ!1ポット100円」

めでたく菜園の仲間入りを果たしました。 2ポット購入
IMG_3604.jpg
かなり細くて小さい。 購入してから間もなく1ヶ月になりますが成長も遅いノダ!

更に胚培養で作られるため「種」はない。爆発的に増やすのは無理

ニンニクのように分球させて増やす手だてしかなく、生産効率はかなり悪そうです。




そんな「なかみどり」魅力的なところもあるのですよ!
カロテン・鉄分・リン・繊維質・糖質すべてネギとニラより多く含まれる栄養満点野菜なのです。

とりあえず今年中、、、いや来年には食べられるのを目標に頑張りたいと思います。

そんなに無理しなくても
「ネギとニラを一緒に口の中の放り込めばいいじゃん」 
「いや、食べるとニンニクのような味がするそうです」


「じゃあ、ネギとニラとニンニクを・・・・・・」



グチョル(台風4号)接近中です。皆さま、無理して表に出ないようにして下さいね。









にほんブログ村

Top|Next »

HOME

Author:おーちぃパパ
1Fはパイン無垢床 2Fは杉無垢床  ちょっと細工ありの気密断熱にこだわった家 2010年9月17日 完成
この春からガーデニング(私は家庭菜園)を始めました

見学会 (7)
土地 (48)
家 (41)
内装・外装の検討 (19)
工務店 (31)
打ち合わせ (4)
地鎮祭 (1)
着工後 (44)
基礎工事 (10)
建前 (1)
外壁工事 (2)
外構工事 (3)
内部工事 (15)
フローリング (13)
住宅ローン (13)
上下水道 (2)
住設機器 (27)
キッチン (15)
お風呂 (6)
トイレ (2)
洗面化粧台 (2)
照明 (2)
株主優待 (45)
家族 (78)
グルメ (16)
日記 (103)
写真 (33)
節約 (16)
オール電化 (2)
電気代 (2)
旅行 (15)
家電 (3)
インテリア (23)
北欧もの (3)
未分類 (24)
SC (2)
引越し (5)
住み心地 (12)
FURNITURE (7)
WEB内覧会 (15)
買い物 (3)
DIY (1)
無垢 (3)
ガーデニング (40)
原種系シクラメン (9)
原種チューリップ (5)
原種クリスマスローズ (3)
ヒューケラ (1)
ムスカリ (1)
家庭菜園 (171)
ミニトマト (6)
きゅうり (4)
レタス (10)
ピーマン (6)
ゴーヤ (11)
オクラ (9)
小松菜・チンゲン菜 (6)
白菜 (5)
ボイセンベリー (4)
ミョウガ (3)
ニンニク・にら・ネギ・わけぎ・島らっきょう (18)
ブロッコリー (11)
空芯菜 (8)
雲南百薬 (2)
イチゴ (2)
ハーブ (14)
マメ科 (7)
芋類 (5)
アカザ科 (2)
モロヘイヤ (3)
アスパラガス (4)
山葵(ワサビ) (6)
シソ (1)
セリ科 (3)
オカノリ (5)
自家採種 (2)
緑肥 (2)
昆虫 (5)
太陽光発電 (7)

現在の閲覧者数:


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。