にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

省エネ生活とガーデニング日記

2010年9月家完成 太陽光発電設置予定。ガーデニングと家庭菜園を楽しんでいます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村

ピーマンは合格でしょうか

昨年育てたピーマンは初栽培だった事もあり、収穫が「なんじゃこりゃ」ってほど少ないまま終了!

今年はそのリベンジ。

去年の失敗を生かすため、一番果を早めに摘み、倍々に枝分かれしていく部分をその都度剪定した。
IMG_4037.jpg
同じ太さの枝の場合は細い方を切り取る(植えの写真の場合、赤丸の方ですネ)


太さがほぼ同じ場合は苗の内側を剪定します。
「これは密集を防いで風通しを良くし病気予防になるから」とどこかの本に書いてあった。
IMG_4038.jpg
剪定しないまま伸ばせば花の数も倍増する訳ですが、栄養が行か届かずに落花する恐れがあります。
去年はこれが多かった。

途中季節外れの台風にあい収穫できない時期もあったけど7月頃から軌道に乗ってきた~。
IMG_4081.jpg

あくまでも我が家レベルでありますが、1日で1本の苗から6個の実が採れるなんて。去年と大違い!
IMG_4086.jpg

これからまだ1ヶ月以上収穫できそうなピーマンはどうやら今年育ててみて良かった野菜の部類に入りそうです。



スポンサーサイト
にほんブログ村

毒がある野菜に注意


緑のカーテン計画は頓挫してしまいましたが、実の方は食べられる大きさになったゴーヤです。
IMG_4120.jpg

9月に入ってもまだ昼は表に出たくないくらい暑いけど朝晩は少しずつ涼しくなってきましたね。



日一日と成長する夏野菜達も秋の気配を感じているようです。

中々大きくならなくてヤキモキしていたモロヘイヤも8月後半には90cmを越えていました。
IMG_4084.jpg
そんなモロヘイヤもたくさんの蕾を付け始めていました。
IMG_4106.jpg
最初の頃は摘心もかねて茎の部分からまとめて葉を収穫していたモロヘイヤもこの頃になると注意が必要です。

葉を収穫する時はこの蕾は丁寧に切り取りビニール袋に捨てています。そして茎からは収穫せずに葉だけを切り取り収穫します。

なぜこんな面倒な事をするのかと言うとモロヘイヤの花と種子にはストロフェチジンと言う毒成分があるからです。
(調べても判らなかったけどたぶん蕾も食べない方が良いと思う)

こちらは蕾を見逃して咲いてしまったモロヘイヤの黄色い花。
IMG_4595.jpg

野菜の中でも抜群の栄養があり「王様の野菜」と言われるのは葉の部分。それに対し種や花には、かつてアフリカで矢毒として用いられた毒成分が含まれているなんて知らないと結構怖い話なのダ。








にほんブログ村

『ポケモンアドベンチャーキャンプ』に行ってきた

子供達に「夏休みの思い出」をと思い、長島スパーランドに行ってきました。

長島と言えば、ジャンボ海水プール以外に、絶叫マシーンがいっぱいある遊園地。
IMG_4420.jpg
IMG_4322.jpg

子供達に言っていないが、私はこの手の絶叫マシーンは大の苦手なのだ・・・・・・・・
IMG_4418.jpg

「キミたち(子供)は身長制限があるから今日はキッズタウンの乗り物で我慢だよ!」 あと私は三半規管が人並み外れて弱いから絶叫マシーンは乗っちゃいけないと医者に言われているとか変な言い訳をして親の威厳を守る事にした。


それでも小学生まで限定のキッズタウンと言う、絶叫マシーンとは無縁の遊び場で子供たちは結構楽しそうだったので良かった良かった。
IMG_4192.jpg
しかし8月 暑い中の遊園地は大変である。写真撮影を担当していた私も滝のような汗、汗、汗。
ジャンボ海水プールにいっぱい人が押し掛けるのも頷けるってもんだ。
IMG_4296.jpg
涼しいところで休憩した~い! 午前中からいきなりそんな感じでしたが、「11時10分入場」のチケットを購入、子供たちが一番楽しみにしていた屋内遊戯施設 『ポケモンアドベンチャーキャンプ』 の順番が丁度良いタイミングでまわってきた。
IMG_4179.jpg
『アトラクションエリア』内では、ポケモンアドベンチャーキャンプの隊員となった参加者が、森や滝・洞窟といった空間を駆け巡りながら、“ポケモン調査”を楽しみます。因みにアトラクション内で1回にできるゲームは3つ。説明する時間を入れて大体30分くらい遊べます。 (お~屋内施設はやっぱ めっちゃ涼しいや)
IMG_4181.jpg
ゲーム終了後には“古代遺跡の不思議な光”に、独自の可視光通信システムを使い、石柱の上に照らされる不思議な光に石板型端末(下のリモコン)をかざし、謎を解き明かしてポケモンを集めると言う楽しみが待っています。IMG_4268.jpg
ゲームに夢中になり、中での写真撮影はしていません。 注 動画撮影は禁止です

これ、子供はもちろん大人も楽しめますよ。 ※遊園地入園券以外に1人1000円必要です





昼食をとり、休憩を挟みながら乗り物に乗っていると16時を過ぎた。

子供達も十分満足、私もヘロヘロだったので、ここで次の目的地へ・・・・・・





そう、今回 長島スパーランド に遊びに行くと決まった最大の理由はここ

三井アウトレットパーク(ジャズドリーム長島)
IMG_4424.jpg
ここからは妻の時間である。幸いにも施設内には 「リラクシングルーム」 と言う畳部屋でくつろげて、マッサージチェアでくつろげて(もちろんタダ)冷房完備の場所があるので、ここで私と子供達は休憩なのである。

そんなこんなで2時間ちょい、19時になったのでスウィングコート内にある鶏の三和で夕食にした。

名古屋コーチン親子丼
IMG_4433.jpg
いつもよりグレードの高い食べ物にご満悦! でも本当はもっと安い夕食にしたかったのですが、ここの駐車場代1000円はジャズドリーム内で3000円以上の買い物または食事をすることによりタダになる。

勇んで買い物に出かけた妻も自分の買い物はなし、不覚にも私の安い服を2枚買っただけである。結局 買い物では3000円に届かなかったので、ここで食事をして駐車場代を浮かそうという事になったのだった。





長島を出たのが20時、でも安心なのダ。この日は長島から直線で5分くらいのところにある旅籠屋(はたごや)に1泊するのだから。
ところが「アレレ、なかなか着かないや?」 道を間違えているのに気付いていたのですが引き返す道がなかなかみつからず、かなり行ってから引換し30分くらいかかってしまいました(汗)

子供はちゃんと到着できるか不安になり、親たちはオタオタ。今回ばかりは三半規管のせいにする事は出来そうにありません!  結局、親の威厳を最後まで守ることはできなかったのでした。 
















にほんブログ村

ロイヤルブルーの美しい宿根ロベリアが茶褐色に変わっていく

久し振りの妻のシェードガーデンネタです。

ちょっと変わったロベリアです。
IMG_4010.jpg
ロベリア プリンセスブルー
キキョウ科
原産国 南アフリカ

株が横に広がり長く伸びた茎にロイヤルブルーのきれいな2本の花を咲かせます。
風に揺られると草原の上を青い鳥が舞い踊っているかのような姿が美しい。

多湿で厳しい日本の夏を乗り越える事が唯一の課題だと思っていたロベリアも8月26日まできれいな花を咲かせてくれていて油断していました。
1泊2日の旅行を終え帰ってきた8月28日夕方、落花している花を発見、慌てて液肥や水やりをするもその2日後に茎や葉が一気に枯れてしまったのです。 種とか採れるものなら何とかなりそうなんですけど、種らしいものができた気配もないし。 う~ん残念!


この花は今年の6月、ガーデンショップで並べられている物を見て一目惚れ。即購入したものですが、宿根で花期も長く放任OKで丈夫だと書いてあり我が家には打って付けだと思ったのですが・・・・・・実際はまだまだ情報が少ない植物を育てるのは難しいものですネ! 



にほんブログ村

スーパーで売られていない野菜を育てる   Part 3

「スーパーで売られていない野菜を育てる」 

それは ワサビ  です。

「ワサビなんて育てられるの?」 家庭菜園ではほぼ不可能な清流で育てる沢ワサビに対し、実は畑でも育てられる
 畑ワサビ と言うものがありまして。

6月初旬に98円で購入した畑ワサビ
IMG_3591.jpg

一般名 本わさび(日本わさび)
学名 Wasabia Japonica Matsumura
英名 Wasabi
俗称 沢わさび、畑わさび
原産地 日本

本ワサビは日本原産のアブラナ科ワサビ属の多年草です。一般的に知られるワサビは、山間部の湧き水を利用して「わさび田」で栽培される沢ワサビと言われるもので、天城や安曇野産が有名ですネ。
根茎の部分をすりおろして生食で食べる沢ワサビに対して、畑ワサビは根茎があまり発達せず(根張りは凄く弱いです)代わりに葉が大きくなります。食用にするのはこの葉や茎の部分で根茎部分にはかなわないかもしれませんがこちらもピリリと辛くて癖になる味ですよ!
因みに、葵の葉に似ている事から漢字で 山の葵(山葵) と書きます。

とにかく暑さと直射日光に弱い畑ワサビ。 南西側コンクリートブロック下の陽がほとんど入らない場所に植えました。

光沢があって美しいので観葉植物みたいです。
IMG_3595.jpg


そんな畑ワサビですが皆さんの栽培記録などを見てみると「7月中に暑さで溶けてなくなった」とか、「半日陰に植えたけれど6月中に枯れてしまった」とか、一般的な地域では夏を乗り切る事ができないという事がわかりました(汗)

我が家の畑ワサビが怪しくなってきたのは7月下旬になってから。 葉の周りが枯れ枯れになってきました。

それでも毎日の水やりや 遮光ネット+緑のカーテン のお蔭で9月になっても何とか生きています。
(昼過ぎになると葉や茎が萎れてしまい非常に危険な状態ですが・・・・・)

冷涼な気候を好む植物なので多分9月を乗り切れば、、、いや10月を乗り切れば、、、、、、、、と、淡い期待をしております。










にほんブログ村

完熟してしまったゴーヤをどうしよう?

8月終盤、大きくなってきたゴーヤを見て「旅行から帰ってきたら切り取りましょう」と言っていたのですが、、、、、、、

帰ってきたら、あっという間にレモンイエローやらオレンジ色やらになっていたノダ~(汗)

見ようによっては光沢があって美しいオブジェのような 完熟ゴーヤ
IMG_4601.jpg

中を開けてみると大きく真っ赤な実がぎっしりと詰まっていました。
IMG_4603.jpg
せっかくゴーヤチャンプルにして食べようと思ったのですが、柔らかな実はチャンプルには合いそうもない。

*****************************

そんなんでネットで活用法を調べてみると
①薄く切ってサラダで食べる
②種の周りは甘いのでデザートになる。

*****************************

早速やってみる。

①薄切りにしてココイチのゴマドレ付けて食べてみたけど、、、、、ニッガ~~~~イ!

1枚2枚ならそんなに気にならなかったのですがやっぱり大量に消費するには結構ヘビーな食べ方だなぁ。



②もひとつの食べ方、種の周りをそのままデザートとして食べる。

「あんな苦いゴーヤがホントにデザートのように食べられるんだろうか?」って
「あらっ、こちらは甘~~~い!」子供が喜んで食べていました。

ちょっとビックリですが、見た目も相まってですが、柿の味と食感に似ています。

柿が好きな人ならまず美味しいと言うと思いますよ。 是非お試しあれ

あと残り種は当然来年の種まき用に取っておきます。

因みに今回のゴーヤは昨年食べたものよりおいしかったのですがチャンプルーとして利用できたのはたったの1個だけでした。 「植える時期をもう1ケ月早めればたくさん食べられたのに」とちょっと後悔!

※そんなゴーヤも現在 『畑ワサビの緑のカーテン』 として活躍中。







にほんブログ村

すき家のバニラアイス

先日、情報番組で『すき家のアイス』がおいしいとか言っていた。

アイス好きの我が家、すぐに反応して買ってきました(笑)
IMG_4605.jpg
1個120円  90mlとやや小ぶりながらも

最高級品質と謳われるマダガスカル産のバニラビーンズを使用。
IMG_4606.jpg

バニラの香りもミルクの味も同じくらいの金額で売られているカップアイスよりも濃厚で美味かったです。

黒い粒々、バニラビーンズも惜しげもなく使われていて美味しさに納得。
IMG_4607.jpg
テイクアウトもOK! 牛丼チェーン店でこれだけ本格的アイスが食べられるのは評価に値すると思います。




にほんブログ村

小さな菜園の苦労


日中は暑くとも朝晩は秋のさわやかな空気を感じます。

菜園もそろそろ夏から秋に衣替えの時期に差し掛かっています。

そんな我が家ですが、空芯菜が縦横無尽に伸びまくって、ますます元気になってきました。
IMG_4618.jpg
本来はうれしい悲鳴なんですけどね。昨年もここから10月過ぎまで収量が落ちなかったんですよ。

こちらは1mほどに成長したモロヘイヤ。莢が大きくなってきました。
IMG_4613.jpg
葉の収穫はあまり期待できませんが採取用としてもう少し頑張ってもらわないと・・・・・・・

どちらの野菜も目的は違えど、まだ抜き取る事ができない状態。

お蔭で秋冬または来年春用の野菜にシフトするための場所がほとんどありません。小さな家庭菜園ならではの悩みです。

何でもかんでも植えるのは考えようですネ!



それでもほんの少しだけ空いていた場所にわけぎを密集植えしました。(今春、採種した種球です)
IMG_4611.jpg

こんな状況ですので今年はアブラナ科野菜は採種したルッコラのみで。その他は控えめに控えめに!






にほんブログ村

夏野菜もそろそろ次世代の事を考えて


彼岸に入っても お昼はまだまだ暑いのです。

ただ日長の関係でしょうか、夏野菜たちは次々に子孫を残す準備に入っています。


こちらは大葉です。穂じその収穫はしません!いや、しても良かったのですが面倒なのでやめました。
IMG_4638.jpg
去年、採種ができなかったのですが心配ご無用。

こぼれダネからどんどん発芽して・・・・・・ワッサワサ

今回の出来栄えを考えると来年は恐ろしい事になりそうです(笑)





こちらは初栽培のモロヘイヤ。莢が大きくなってきました。野菜嫌いの上の子Oが自ら進んで食べたモロヘイヤスープ。
もう少し葉を収穫したかったなぁ。
IMG_4637.jpg

一つの莢にたくさんの種が入っているそうです。今でも十分過ぎるくらい莢ができているので時間が許せば一部を残して花と小さい莢は切り取り捨てるつもりです。




こちらは 何者? 春先に苗から育てたサンチュです。
IMG_4621.jpg
これがあのサンチュ? そうなんです。こんな風に種ができるのはリーフレタスで確認済み。 そろそろ採取する頃でしょうかね。


そして 島オクラ。 手前の苗が一番大きく成長して1mを越えてきました。 
IMG_4641.jpg
大失敗して2本しか収穫できなかった去年とは大違い。買ってきた苗を一か八かで4つに分けたので1本あたりの収量はそんなに多くなかったけど、今年は及第点をあげられるのでは。

そんな島オクラですがO以外の家族が気に入ってくれたので来年も育ててみたいと思います。

夏野菜だけにそろそろ採種準備に入らないといけませんね!








にほんブログ村

アスパラ苗を購入

アスパラガスってうまく栽培すると10年くらい収穫できるんだよ・・・・・・・・

「じゃあうちのアスパラは安泰ダネ」

「いや、儀母がもらってきた土地の人はもういないので、いったい何年生なのかは今はだれも知らないんだけど・・・・・・・多分10年以上生きているんじゃないだろうか?」


老苗では来年の収穫が期待できないので新たにアスパラガスを購入しました。
IMG_4620.jpg
まだ1年生で高さも30㎝足らずの細い苗が、まるでアクアリウムの中の水草のように美しいです。

雌雄異株のアスパラですが小さい苗のうちはどちらか判断ができません。

老苗が雌なので雄であることをちょっと期待してと、
いや、増やす方法なら株分けすりゃあ良いんですけどね。



アスパラの種まきは2~4月が適期。初夏から秋に向け、葉や茎を茂らせて光合成を行ない成長すると共に、大きく成長した苗は翌年の成長に必要な栄養を根に蓄えさせるもの。ですから株が大きければ大きいほど根に十分な栄養を蓄えさせる事ができます。そして根を大きくすることが翌年の株の成長や多収につながるカギな訳です。

「今は根に十分栄養を送る時期なのに、こんな小さな苗で大丈夫?」

どちらにしても11月頃に地上部が枯れてしまう事を考えたらこの時期の購入は時期相応だったんでは?と今更ながらの疑問がわいてきた。

「ムムムッ、こんな事なら苗って来年の春に買っても同じって事だったのかなぁ?」





にほんブログ村

Top|Next »

HOME

おーちぃパパ

Author:おーちぃパパ
1Fはパイン無垢床 2Fは杉無垢床  ちょっと細工ありの気密断熱にこだわった家 2010年9月17日 完成
この春からガーデニング(私は家庭菜園)を始めました

見学会 (7)
土地 (48)
家 (41)
内装・外装の検討 (19)
工務店 (31)
打ち合わせ (4)
地鎮祭 (1)
着工後 (44)
基礎工事 (10)
建前 (1)
外壁工事 (2)
外構工事 (3)
内部工事 (15)
フローリング (13)
住宅ローン (13)
上下水道 (2)
住設機器 (27)
キッチン (15)
お風呂 (6)
トイレ (2)
洗面化粧台 (2)
照明 (2)
株主優待 (45)
家族 (78)
グルメ (16)
日記 (103)
写真 (33)
節約 (16)
オール電化 (2)
電気代 (2)
旅行 (15)
家電 (3)
インテリア (23)
北欧もの (3)
未分類 (24)
SC (2)
引越し (5)
住み心地 (12)
FURNITURE (7)
WEB内覧会 (15)
買い物 (3)
DIY (1)
無垢 (3)
ガーデニング (40)
原種系シクラメン (9)
原種チューリップ (5)
原種クリスマスローズ (3)
ヒューケラ (1)
ムスカリ (1)
家庭菜園 (171)
ミニトマト (6)
きゅうり (4)
レタス (10)
ピーマン (6)
ゴーヤ (11)
オクラ (9)
小松菜・チンゲン菜 (6)
白菜 (5)
ボイセンベリー (4)
ミョウガ (3)
ニンニク・にら・ネギ・わけぎ・島らっきょう (18)
ブロッコリー (11)
空芯菜 (8)
雲南百薬 (2)
イチゴ (2)
ハーブ (14)
マメ科 (7)
芋類 (5)
アカザ科 (2)
モロヘイヤ (3)
アスパラガス (4)
山葵(ワサビ) (6)
シソ (1)
セリ科 (3)
オカノリ (5)
自家採種 (2)
緑肥 (2)
昆虫 (5)
太陽光発電 (7)

現在の閲覧者数:


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。